よくあるご質問

Dアカデミーではドローンを業務利用される企業様に向けて
様々なサポート業務を行っております。
導入に向けてのご相談から、業務利用においての製品コーディネートや、
技術サポート、修理や保険など、
企業様が業務利用で安全にドローンを運行できるお手伝いをしております。
導入後もさまざまなセミナーや講習のご相談も承っております。
Dアカデミーではドローンを業務利用される企業様に向けて様々なサポート業務を行っております。
導入に向けてのご相談から、業務利用においての製品コーディネートや、技術サポート、修理や保険など、企業様が業務利用で安全にドローンを運行できるお手伝いをしております。
導入後もさまざまなセミナーや講習のご相談も承っております。

よくあるご質問

 

 Q1 実技の日が雨の場合はどこで行いますか。

A1 実技は基本、野外で行います。雨天及び強風の場合は屋内で行います。

 
  •  Q2 講習は4日間続けて行いますか。 


    • A2 原則4日連続の日程で行います。座学は2日間、実技は2日間行います。

      •  ですが、どうしても連続で受講できないという方のために、振替授業を行っております。
      • 例えば・・・・・・
      • 平成291219日~22日の授業の場合、1日目・2日目が座学3.4日目が実技演習となります。
      • つまり、19.20日は座学21・22日は実技演習です。
      • 21.22日(実技演習)が行えない場合、
      • 【今後のスケジュール】の日程を見ていただき、
      • 平成30128日~31日の授業、
      • 28.29日は座学30.31日は実技演習ですので、30.31日に振替が可能です。
      •  
      • 【注意】
      • ①  原則4日間(連続)のコースですので、振替ご希望の方は弊社まで必ずご連絡ください。定員人数があるため、振替日できるか否か確認致します。
      • ②  修了証はすべてのコース修了後にお渡しいたしますので、振替日の最後の日にお渡しいたします。ご了承ください。

 

 

 Q3 座学・実技共に試験に落ちた場合、再試験になるのでしょうか。 

A3 実技は再試験を受ける必要があります。その場合別途カリキュラムを有料にて受けていただくことになります。座学は日程内で再試験を行います。

 

Q4 他のスクールとの違いは? 

A4 少人数なので参加同志とも交流しながらプライベート感覚で受講できます。多人数のスクールにありがちな一方的にただテキストを読み上げる授業と違い、体験型のわかりやすい授業と個人レッスンなみのフライト指導が特徴です。全く初めての方もフライトシミュレーターを完備し丁寧に教えます。

 

Q5 このスクールを受けると「i-construction」が出来るようになりますか?

A5 基本このスクールは安全に飛行させることが目的です。「i-construction」の概要や空撮測量、フォトスキャンを使った点群処理、福井コンピューターのソフトを使った処理などご紹介は致します。

 

Q6 「i-construction」に特化したと書いてありますが他の業務には向いてませんか?

A6 業務で安全に飛行をさせることを主目的としています。赤外線カメラを搭載したインフラ点検や各種専門セミナーを開催し卒業生は優遇案内いたします。

 

Q7 自社所有の機体での参加は可能ですか?

A7 事前に機種等をお知らせいただきご判断させて頂きますが墜落等の保証や持ち込みの値引き等はありません。

 

Q8 墜落や破損させた場合は弁償しないといけませんか?

A8 機体にはすべて保険が入ってますので保険対象であれば問題ありません。

 

Q9 領収証はだしてもらえますか?

A9 受講規約 第6条(受講料のお支払・お申し込みの撤回)及び第7条(キャンセル)をご覧ください。

 

Q10 4日間コースということは宿泊費や宿泊先はどうなりますか?

A10 

当スクールは、宿泊施設をご用意しておりませんので、各受講生にご予約・宿泊費をご負担いただいております。

座学2日間は東京都の神田事務所で行います。実技2日間は千葉県で行います。

通いも可能ですが、座学時使用する神田事務所に駐車場施設はございません。

実技演習場には、駐車場施設がございます。 

※平成29年6月20日現在 予告なく変更される場合もございます。

 くわしくはお問い合わせください。

 

Q11 CPDSとはなんですか?

A11 

 (一社)全国土木施工管理技士会連合会(以下全国技士会)の継続学習制度(以下CP DS、Continuing Professional Development System の略)は、土木施工管理技士に必要 な技術力の向上のために加入者が講習会などで学習をした場合に、学習の記録(以下学習 履歴)を全国技士会に登録し、必要な時全国技士会が学習履歴証明書を発行するシステム です。「継続教育」という言い方をする場合もあります。


CPDSの目的は、技術者が自己研鑚の活動を通じて、国民の福祉に役立つ良質な目的 物を創造するための技術力と資質の向上を図ることにあります。

CPDSは、①公開・公平性(誰でも加入でき、公平に対応されます)、②信頼性(全 ての申請に対し証拠書類を確認します)、③専門性(現場の施工管理技術が向上する講習 会を認定します)、の3理念に従い、利用者の利便を考えて運営します。

 

Q12 CPDS受講証明書とはなんですか?

A12 

今現在、土木施行管理技士の方は年間で決められたポイントを習得しなければなりません。
当スクールの4日間コースを受講いたしますと、相当分のポイントを習得することができます。
コース終了後、ポイントが書かれた証明書(受講証明書)をお渡ししております。
ですので、現在土木施行管理技士ではない方が取得証明書を取得する必要はございません。


コースや価格は一例を提示しております。
日程や人数等により内容は変更になることがあります。
内容等につきましてはお気軽にお問い合わせください。